【Premiere Pro】曇り空を晴れた空に置き換えてみよう!|スカイリプレイスメント

【Premiere Pro】曇り空を晴れた空に置き換えてみよう!|スカイリプレイスメント

こんにちは。カワノタレです。

YouTubeの広告で、よくPremiere Proの広告が流れていますよね。

その広告のうちの一つで、空の色を簡単に置き換えているものを見たことはありませんか?

それは、スカイリプレイスメントというエフェクト技法になります。

スカイリプレスメントは、
撮影時に残念ながら曇っていたとしても、空を快晴に置き換えたり、
さらにキーフレームを使って空の色を変化させて幻想的な表現ができたりなど、
便利で面白いエフェクトとなっています!

そこで今回は、スカイリプレスメントで空の色を置き換える方法をご紹介いたします!

※使用素材

・曇り空の動画


引用:Mixkit|Old cathedral, looking closely at the top

・晴れ空の動画


引用:動画素材.com|夏空雲1

この記事を読むと

曇り空を快晴の空に置き換えることができる
⇨天候が良くない時の撮影でも明るい動画が作れる!

空が変わっていくアニメーションを作成できる
⇨表現力アップ!

1. 使う素材、エフェクト

はじめに、準備する素材、エフェクトをお伝えします。

最低限使用する素材、エフェクト

  • 元の映像素材
  • 置き換えたい空の映像素材(画像でも可)
  • カラーキー(エフェクト)

場合によって使うもの

  • マスク
  • キーフレーム(アニメーションにする場合)
以上を使って、空の置き換えをやっていきましょう!

スポンサーリンク

2. 素材の配置

まずは素材を配置しましょう。

タイムラインに元の素材と置き換える空の素材を配置します。

・上のトラックに元の素材
・下のトラックに置き換える空の素材


このように配置し、長さを揃えておきましょう。



今回は、曇り空を晴れ空にしたいので、
曇り空の素材を上、晴れ空の素材を下に置いています。

3. 元の映像素材に「カラーキー」を適用

素材を配置したら、エフェクトをかけていきましょう。

エフェクトパネルの検索ボックスで「カラーキー」と入力し、
カラーキーを出して、ドラッグアンドドロップで曇り空素材のクリップへ適用させます。



4. 空の色の抽出

エフェクトパネルでカラーキー内の項目、「キーカラー」の横にあるスポイトを選択し、
プレビュー画面で、曇り空をクリックしましょう。



すると、空の色が抽出されます。

その後、エフェクトパネルでカラーキー内の項目、「カラー許容量」の値を調整し、
空の範囲がうまく選択されるようにします。



許容量が多きすぎると、空以外も消えてしまいますし、
少なすぎると、空の部分が残ってしまうので、
プレビュー画面を見ながら、ちょうどいい値を探していきます。



プレビュー画面でいい感じに曇り空が消えていれば置き換えは完了です!

最悪、境目の部分がうまく抜けていないかもしれませんが、
映像によっては、アバウトでも問題ないです。

場合によってマスクも使用しよう

元の映像素材によっては、キレイに空を抜けない場合もあります。

空と同じような色味が空以外の部分にある映像では、
キレイに空だけを選択するのが難しいです。



そういった時は、色を抜きたくない箇所に、
カラーキー項目内の「マスク」を使って、色が抜かれないように設定します。

空の色が混ざってしまうところにざっくりマスクをかけて、
コントロールパネル内の「反転」にチェックを入れます。





こうすることで、空以外の箇所の色が抜けることを防げます。

映像の切り抜きやおしゃれな表現をするのに使う「マスク」とは?

これで、曇り空を晴れた空へと、割とキレイに置き換えることができました!


5. アニメーションで表現豊かに

スカイリプレイスメントと合わせて、キーフレームを使うことで、
様々な面白い表現をすることができます。

今回は一例として、「カラーの許容量」にキーフレーム打って空を変化させる表現を紹介したいと思います。

例えば、本記事で使っている曇り空の映像と、晴れた空の代わりとして、
当サイトのデザイン背景素材で試してみます。

イラスト素材|デザイン背景:紫のドヨーンとした感じ

キーフレームは、カラーキーを適用した元の素材のクリップの、
エフェクトコントロールパネル内、
カラーキーの「カラーの許容量」項目に付けていきます。



こんな感じでキーフレームを打ってみました。

さて、どのような感じになったでしょうか。


恐怖の大王降臨的な?演出ができましたね笑

様々な表現ができるようになる「キーフレーム」とは?

6. まとめ

空の色を変えることで、天気による影響を少なくしたり、
アニメーションを付けて、面白い、オシャレな表現をすることができます。

空の色が変わっていくのは、動画編集をやったことない方にも、おっ!と思わせられるような表現ですよね。

スカイリプレイスメントを覚えて、ワンステップ上の動画編集を目指しましょう!

関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事