【時短】よく使うエフェクト紹介!それらをまとめて作業効率アップ!【Premiere Pro

【時短】よく使うエフェクト紹介!それらをまとめて作業効率アップ!【Premiere Pro】

こんにちは。カワノタレです。

Premiere Proには優秀な100以上のエフェクトがあります。

たくさんエフェクトがあるのはいいことですが、
使い慣れていない方は、何がどういうエフェクトなのか、よくわかりませんよね。

また、一度使ったエフェクト名を忘れてしまうこともあるでしょうし、
よく使うエフェクトを毎回探したり、検索窓で入力したりするのが面倒と思う方もいらっしゃるかも!?

ということで今回は、
定番のよく使うエフェクト紹介! +よく使うエフェクトをまとめておいて作業効率アップの方法!
というテーマでやっていきたいと思います。

Adobe|Premiere Proのビデオエフェクトとトランジション

この記事を読むと

定番のエフェクトが簡単にわかる
よく使うエフェクトをまとめる方法がわかる
⇨作業効率アップ!

1. 定番のよく使われるエフェクト

まずは、よく使われる定番のエフェクトを紹介します。

エフェクトには、

  • 映像に使う「ビデオエフェクト」「ビデオトランジション」
  • 音声に使う「オーディオエフェクト」「オーディオトランジション」
があります。

映像か音声かによって、それぞれに適応するエフェクトを選んでください。



また、エフェクトとトランジションは、

  • エフェクト:クリップ全体への効果
  • トランジション:クリップのつなぎ目への効果(場面転換に使える)
という違いがありますので、覚えておきましょう。

1-1. ビデオエフェクト、ビデオトランジション

ビデオエフェクト

定番のビデオエフェクト

  • クロップ:映像を切り取る
  • リニアワイプ:映像を切り取る(斜めも可)
  • ブラー:映像をぼかす
  • モザイク:映像にモザイクをかける
  • レンズフレア:光源を設置できる
  • ドロップシャドウ:影を作れる
この辺りは定番のビデオエフェクトです。

以下から、もう少し詳しく解説いたします。

クロップ(ビデオエフェクト>トランスフォーム内)

映像を切り取ることができます。

リニアワイプ(ビデオエフェクト トランジション内)

クロップと同じく映像を切り取ることができます。

こちらは斜めにも切り取れます。



クロップやリニアワイプを使った実践的なテクニックとは?

ブラー(ビデオエフェクト>ブラー&シャープ内)

映像をぼかすことができます。



モザイク(ビデオエフェクト>スタイライズ内)

映像にモザイクをかけることができます。



ブラー、モザイクは、映像内に著作物など、映ってはいけないものを隠すのに使えます。

映像に映せないものが写っていた時は…

レンズフレア(ビデオエフェクト>描画内)

太陽や明るいライトの光源の様なものを設置できます。



ドロップシャドウ(ビデオエフェクト>遠近内)

適用するだけで簡単に影を加えることができ、立体感を出せます。

ロゴやテキスト、図形などに効果的です。



ビデオトランジション

定番のビデオエフェクト

  • クロスディゾルブ:前の映像が徐々に薄くなって場面転換
  • ワイプ:横にスライドして場面転換
  • 押し出し:前の映像が次の動画に押し出される
  • 暗転:徐々に暗くなって場面転換
この辺りが定番のトランジションです。

クロスディゾルブ(ビデオトランジション>ディゾルブ内)

透明度が変化しながら、次の映像へ転換します。


ワイプ(ビデオトランジション>ワイプ内)

転換前の映像が横へスライドして転換します。


押し出し(ビデオトランジション>スライド内)

転換後の映像が転換前の映像を横から押し出すように転換します。


暗転(ビデオトランジション>ディゾルブ内)

徐々にブラックアウトし、次の映像に切り替わります。


他にもいろんなトランジションがあります!
もっと知りたい方は、以下の記事をご覧ください!

トランジションについて詳しく知りたいなら!

さらに、無料プラグインでオシャレなトランジションを手軽に!

1-2. オーディオエフェクト、オーディオトランジション

オーディオエフェクト

定番のオーディオエフェクト

  • クロマノイズ除去:手軽にノイズ軽減ができる
  • ディレイ:音声にエコーをかける
  • スタジオリバーブ:音声にエコーをかける
  • ピッチシフター:声を変える
この辺りは定番です。

クロマノイズ除去(オーディオエフェクト>ノイズリダクション/リストレーション内)

ノイズを手軽に軽減できるエフェクトです。

適用するだけである程度の効果はあります。

ノイズを消す詳しい方法は、以下の記事で紹介しています。

ノイズ除去などで音を整えて聞きやすい音声を目指そう!

ディレイ(オーディオエフェクト>ディレイとエコー内)
スタジオリバーブ(オーディオエフェクト>リバーブ内)

音声にエコーをかけるエフェクトです。

ディレイとスタジオリバーブがどう違うのかは、以下の記事でサンプル音源を使って解説しています!

サンプル音源でわかりやすくディレイとスタジオリバーブの違いを解説!

ピッチシフター(オーディオエフェクト>タイムとピッチ内)

プライバシー保護などで、声を変えたい時に使えます。

ボイスチェンジについては以下の記事で詳しく解説しています!

声を変えてプライバシー保護や、面白い演出をしてみよう!

オーディオトランジション

指数フェード(オーディオトランジション>クロスフェード内)

BGMをカットした際に、音の波形が切れてしまうため、
カット部分に「プチッ」という音が入ってしまいます。

プチっという音が入らないよう、クリップの終わりの音量を下げて、
「プチッ」を聞こえなくしてくれるトランジションです。

スポンサーリンク

2. よく使うエフェクトをまとめる方法

よく使うエフェクトは、すぐに使えるようにまとめておくと便利です。

1エフェクトパネルを開く

2パネル右下、フォルダのアイコンを選択して、ビン(フォルダ)を作成する


「カスタムビン」というビンが作成されるので、ダブルクリックして名前をお好みに変えましょう。

3よく使うエフェクトを、2)で作成したフォルダにドラッグ


これでまとめることができます。
簡単ですね!

このフォルダにドラッグしたエフェクトは、ショートカットを作成しただけなので、
もし、やっぱりあまり使わないや。
と思ったら右クリックで削除しても問題ありません!

5. まとめ

Premiere Proのエフェクトはたくさんあって、単語に馴染みがなかったりすると覚えにくいですよね。

よく使うエフェクトを把握し、さらにビンにまとめておけば、エフェクトを探す必要もなく時短にもなります!

また、他にもまだまだ色々なエフェクトがあるので、
ここで紹介していないものも試して、
みなさんもオリジナルのエフェクトビンを作成してみてください!

関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事