【Premiere Pro】音声や画像、映像をフェードイン、フェードアウトする方法の解説!

【Premiere Pro】音声や画像、映像をフェードイン、フェードアウトする方法の解説!

こんにちは、オオバサシです。

動画の終わりで映像がフェードアウトさせることやBGMが徐々にフェードインする編集はよく使われる表現です。

Premiere Proでは音声や映像に簡単にフェードイン、フェードアウトを適用できます。
今回はPremiere Proで音声、画像、映像をフェードイン、フェードアウトする方法を紹介します。

この記事を読むと

・Premiere Proの動画編集でよく使われるフェードイン、フェードアウトがわかる
・Premiere Proでのフェードイン、フェードアウトの使い方がわかる
・フェードイン、フェードアウトの調整方法がわかる


というメリットがあります。


1. 動画でよく使われているフェードイン、フェードアウト

・クロスディゾルブ
前の映像をフェードアウトしながら、後の映像をフェードインするエフェクトです。
シンプルで映像にも画像にも使いやすくよく使われています。

クロスディゾルブと似ているエフェクトに「ディゾルブ」「フィルムディゾルブ」があります。

「クロスディゾルブ」が不透明度を変化させていくトランジション。
「ディゾルブ」がカラー情報を変化させていくトランジション。
「フィルムディゾルブ」はよりリアルな方法でブレンドを行い、見た目に違和感が生じないようにするトランジションです。


・暗転、ホワイトアウト
暗転は画面が黒くなっていくエフェクト、ホワイトアウトは画面が白くなっていくエフェクトです。
動画の始まりや終わりによく使われます。


・コンスタントパワー
コンスタントパワーは音声のフェードイン、フェードアウトに使われるエフェクトです。
BGMのフェードイン、フェードアウトによく使われます。
似ているエフェクトに「コンスタントゲイン」「指数フェード」があり、音量の変化の仕方に違いがあります。

スポンサーリンク

2. フェードイン、フェードアウトする方法

音声、画像、映像のフェードイン、フェードアウトには大きく2つ方法があります。

2-1,エフェクトを適用する


映像や画像のクリップに対してエフェクトを適用するとフェードイン、フェードアウトができます。
エフェクトパネルから「ビデオトランジション」→「ディゾルブ」や「暗転」などをクリップに対してドラッグ&ドロップするとエフェクトを適用できます。
画像でも映像でも音声でも同じ操作でフェードイン、フェードアウトが可能です。



2-2,キーフレームを使用する


エフェクトコントロールパネルでクリップの不透明度に対してキーフレームを打って変化を付けるとフェードイン、フェードアウトができます。
キーフレームはエフェクトコントロールパネルの「不透明度」の右にあるストップウォッチのマークをクリックすると打てます。

クリップの下にカラーマットのクリップを入れると黒や白といった好きな色にフェードイン、フェードアウトできます。

カラーマットはメニューの「ファイル」→「新規」→「カラーマット」から作成できます。



キーフレームの詳しい使い方に関しては下記の記事で紹介してますのでご参照ください。



フェードイン、フェードアウトの具合を自分で調整したい時はキーフレームを使った方が自由に調整可能です。

3. フェードイン、フェードアウトの調整方法

フェードイン、フェードアウトの長さなどは後から調整できます。
エフェクトコントロールパネルから「デュレーション」でフェードインにかかる長さを変更できます。
他にもAとBの表示の下のスライダーを動かして変化の具合の調整もできます。



フェードイン、フェードアウトの長さはタイムラインでエフェクト部分にカーソルを当ててドラッグしても変更が可能です。

4. フェードイン、フェードアウトの時短テクニック

フェードイン、フェードアウトはよく使う編集なので時短テクニックを使って効率よく編集しましょう。

Windowsで「Control+D」、Macなら「Command+D」「デフォルトのトランジションを適用」のショートカットが設定されています。

初期設定ではデフォルトのトランジションはクロスディゾルブになっているのでショートカットキーでクロスディゾルブを適用できます。

ちなみにデフォルトのトランジションはエフェクトパネルで別のトランジションのエフェクトを右クリックすると「選択したトランジションをデフォルトに設定」という選択肢がでて変更可能です。

クリップを選択した状態でショートカットの「Control+D」(Command+D)を押すとクリップの両端にエフェクトが適用されます。
クリップの端を選択した状態だとその場所にだけエフェクトを適用できます。



音声のフェードイン、フェードアウトにも同様のショートカットがあります。

Shift + Control+D(Shift + Command + D)に音声のトランジションのショートカットキーが設定されています。
初期設定では「コンスタントパワー」がデフォルトのトランジションです。
使い方に関しては映像の時と同じです。

5. フェードイン、フェードアウトのまとめ

フェードイン、フェードアウトは動画編集で最もよく使う編集と言えます。
時短テクニックまでマスターして効率よく編集できるようになりましょう。

キーフレームを使ったフェードイン、フェードアウトはやや上級者むけの内容です。
まずはエフェクトを使ったものから使っていきましょう。

関連記事



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事