制作依頼主とクリエイターの最適なマッチングを行う新サービス「CREATORS」が登場!

制作依頼主とクリエイターの最適なマッチングを行う新サービス「CREATORS」が登場!

HypeApp株式会社(所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階、代表取締役社長:安藤 佳晃)から、
新しいマッチングサービス「CREATORS」が登場しました!

「CREATORS」とは?

CREATORSは、
制作依頼主と、フリーランスや副業のWebデザイナー、動画制作者をマッチングするサービスです。

主な特徴は、
・制作実績を参考に適切なクリエイターが選べる!
・スキルに見合った金額で案件の受発注ができる!
・依頼主・クリエイター双方のミスマッチの解消を実現


となっています。

具体的には、今までの制作依頼は、
制作会社の制作事例や金額感での発注となるため、
制作会社内でのリソースに合わせた人員選定をするためクオリティが見合ってないケースが存在していました。

また、受注側のクリエイターも相場に合わせた一律の制作金額の場合が多く、
クオリティやサービスレベルに見合っていない金額での受注するケースもありました。

CREATORSでは、
依頼主は、クリエイターの制作事例や単価を確認した上で好みのクリエイターに依頼を出すことができ、
クリエイターは、均一の制作単価ではなく自身のスキルに見合った金額での発注希望を出すことができるため、
依頼主・クリエイター双方にミスマッチがないサービスです。


引用:CREATORS公式ホームページ

また、依頼側は優秀なクリエイターの発掘をしやすく、
クリエイター側は新規案件を受注しやすくする側面もあります。

スポンサーリンク

簡単な利用の流れの紹介

依頼主


制作依頼主は、登録クリエイターの中から依頼内容にマッチするクリエイターを、
制作実績や目安単価などを参考に選んで、オーダーを出します。
その後、制作内容・納期・金額感のすり合わせをクリエイターと行い、本申し込みをします。


引用:CREATORS公式ホームページ

クリエイター


クリエイターは登録名・各クリエイティブフォーマットの制作期間目安・希望制作単価・制作事例を登録し、
その後、制作オーダーが入る度、CREATORから連絡が入るという流れです。


引用:CREATORS公式ホームページ

CroudWorksやLancers等他のクラウドソーシングサービスとの違い

CREATORSと似たようなサービスに、
CroudWorksLancersなどのクラウドソーシングサービスがありますが、
これらのサービスとの違いはどんなところでしょうか?

依頼主


・クリエイターに直接連絡可能
クラウドソーシングサービスはクリエイターと直接連絡は禁止されているところがありますが、
CREATORSでは、クリエイター側がNGにしていない場合は直接連絡可能です。

・CREATORSが納期コントロールのサポートを行ってくれる
初めての依頼で、納期の心配があるかもしれませんが、
CREATORSがサポートを行ってくれます。

クリエイター


・依頼主とのコミュニケーションを、CREATORS側がサポートしてくれる
名前を出したくない方や、慣れない方にはありがたいサービスです。

・制作単価や納期交渉を行ってくれる。
中には交渉ごとが苦手なクリエイターさんもいらっしゃいますが、
代わりにCREATORSが行ってくれます。

CroudWorksやLancersなどのクラウドソーシングサービスが合わないな…
と思っている制作会社の方やクリエイターの方は、興味があれば一度公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

CREATORS公式ホームページ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事