【動画編集ソフト選び】Premiere Proで何ができる【メリット・デメリット】

【動画編集ソフト選び】Premiere Proで何ができる【メリット・デメリット】

こんにちは、オオバサシです。

最近はYouTubeやTikTok など動画投稿サービスが盛り上がってきて、
これから動画編集を覚えたいという人も多いのではないでしょうか?

そんな時、どんな動画編集ソフトを使えばいいか分からないと困りますよね。
今回は、1番人気な動画編集ソフトであるPremiere Pro について特徴や何が出来るか、
メリットデメリットなど紹介していきます。

この記事を読むと

・Premiere Proの特徴やできること、メリットデメリットがわかる
・自分に合った動画編集選びが出来る

というメリットがあります。

1. Premiere Proとは

Premiere ProとはPhotoshopやIllustratorなど様々なクリエイティブソフトを出している、
Adobe社製の動画編集ソフトです。

映像のプロにも愛用されているソフトで最近では、
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」でも使用されたという実績があります。

※参考記事
PC Watch:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』には「Premiere Pro」が使われた。
映画制作を支えたAdobeによる新機能


プロの世界でも通用する性能にもかかわらず、
初心者でも使いやすい仕様になっていてYouTuberの間でも人気です。

スポンサーリンク

2. Premiere Proでできること

Premiere Proはプロでも使われている動画編集ソフトのため、
動画編集、映像制作にかかわることなら大部分のことができます。

2-1、カット編集


基本的なカット編集はもちろん簡単にできます。

自分でキーボードショートカットの設定もできるので、
ショートカットキーを使って快適にカット編集が可能です。

カット編集の詳しい使い方については下記の記事で紹介していますのでご参照ください。

2-2、テロップの挿入


トーク動画なんかでは定番のテロップの挿入ももちろんできます。
テロップデザインについても色々なカスタマイズが可能です。

ストロークを重ねたたり、グラデーションやシャドウ、背景を入れたり、
様々なデザインのテロップを作れます。



テロップの挿入については下記の記事で紹介していますのでご参照ください。

2-3、音声編集


効果音やBGMの挿入はもちろん、ノイズの除去もかなり簡単できれいにできます。
エコーをかけたり、声を変えたりといったエンタメよりの編集も可能です。

音声編集については下記の記事で詳しく紹介していますのでご参照ください。

2-4、エフェクトやトランジションをかける


テロップや画像にエフェクトをかけて変化させたり、動かしたりもできます。
トランジションという画面の切り替わりに関しても、
初めからかなりの種類を用意してあります。

モザイク処理やグリーンバック素材の合成もできます。
ドラッグ&ドロップといった簡単な操作できるので初心者の方にも扱いやすいです。


エフェクトに関してはこちらの記事で

トランジションに関してはこちらの記事で詳しく紹介していますのでご参照ください。

2-5、色調補正


映像の明るさや色彩を変更できることはもちろん、一部分の色の置き換えもできます。
感覚的に分かりやすい操作で色調補正が使えます。

色調補正については下記の記事で紹介していますのでご参照ください。

3. Premiere Proではできないこと

映像制作においてPremiere Proにできないことは、
同じAdobe社からでている After Effectsでサポートしている形です。

3-1、高度なアニメーションやグラフィック


Premiere Proでも画像を動かすといった簡単なアニメーションは作成できますが、
3Dの動きのような複雑なアニメーションを作ることは不得意です。

After Effectsでは自分で炎や煙といったのグラフィックを作ることもできますが、
Premiere Proにはそこまでの機能はありません。

3-2、カメラトラッキングを使った映像合成


これはPremiere ProでできないというよりはAfter Effectsの機能がすごいというだけなのですが、
映像の分析をして合成する機能はPremiere Proになく、 After Effectsが必要になります。

4. Premiere Proの料金と購入方法

Premiere Proには買い切りの販売がなく
サブスクリプションの契約をしてソフトを使うことになります。

○Premiere Pro単体での契約の場合には
・年間プラン(月々払い) 2,728円/月 (税込)
・年間プラン(一括払い) 28,776円/年 (税込)
※月額2398円相当
・月々プラン 3,828円/月 (税込)


です。

○PhotoshopやIllustrator、After Effectsといった他のクリエイティブソフトも使える
Creative Cloudコンプリートプランだと

・年間プラン(月々払い)6,248 円/月
・年間プラン(一括払い)72,336 円/年
・月々プラン 9,878 円/月


です。

個人的には動画に入れるの画像素材の加工やサムネイルの作成にPhotoshopを使い、
After Effectsを使う時もあるのでCreative Cloudコンプリートプランを契約しています。

7日間の無料お試し期間もあるので気になる方は無料で試すのもありです。

学生割引やセールの時期もあるのでその辺を活用するとお得に契約できます。
Adobeソフトをお得に買う方法については
下記の記事で紹介していますのでご参照ください。


5. Premiere Proを使うメリット

5-1、動画編集を学習しやすい


Premiere Proは使用している人が多いソフトで、
使用方法についての記事やYouTubeでチュートリアルの動画がたくさんあるので
動画編集を学習しやすいです。


わからないことがあった時に検索して調べると、
分かりやすく解説してくれる動画がすぐに見つかります。

Udemyのような学習動画サービスにもPremiere Proの学習動画がたくさんあります。

当サイトのPremiere Proについての記事はこちら
Premiere Proの記事一覧

5-2、テンプレートが豊富


Premiere Proはカスタマイズして使えるテンプレートを販売しているサイトがあります。
MotionElementsやMotion Arrayにあるテンプレートを使えば、
簡単にプロっぽい映像を作れます。

Motionelements
Motion Array

5-3、プラグインが豊富


Premiere Proにはプラグインという機能を拡張するものがあります。
フラッシュバックというサイトで販売しています。
フラッシュバック

ちょっとしたアニメーションが簡単にできたり、
時短や効率化できたり、便利なプラグインがあります。

無料で使えるものもあるので試してみると面白いです。

オススメプラグインについては下記の記事で紹介していますのでご参照ください。

5-4、AIを活用した最新の動画編集の機能


AdobeにはAdobe SenseiというAIや機械学習を活用した機能があります。
音声認識による文字起こしの機能や映像を解析したリフレームができます。

毎年アップデートで最新の機能が追加されるので楽しみです。

5-5、サブスクリプションなのでお試し感覚で使える


高度な機能がある動画編集ソフトは1万円を超えるような高額ものが多く、
支払いをためらってしまうこともあります。

その点、月額支払のサブスクリプション契約なら使わなそうなら解約すればいいので安心です。

6. Premiere Proを使うデメリット

6-1、パソコンのスペックが必要


Premiere Proに限らず、動画編集にはそれなりのスペックのパソコンが必要になります。
Premiere Proは機能が豊富な分、要求スペックが大きくなりがちなところはあると思います。

動画編集に使うパソコンについては下記の記事で紹介していますのでご参照ください。

6-2、長期間使う分にはコストが高くなりがち


Premiere Proは買い切り版がなく、月額で料金を支払い続けることになります。
そのため、長期間使うと意外に買い切りの動画編集ソフトより高い料金を支払うこともあるかもしれません。

その分、最新のアップデートが使えたり、パソコンを買い替えても使えるということはあります。

7. Premiere Proは初心者からプロまで使える動画編集ソフト

Premiere Proは個人的にも愛用して使い続けている動画編集ソフトです。
初めての方には無料お試しの期間もあるのでぜひ試してみてください。

他の動画編集ソフトも知りたい方は下記の記事で紹介していますのでご参照ください。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事