【YouTube】ワクチン全般(新型コロナ含む)に関する誤情報コンテンツの投稿を禁止と発表。いったいどういうこと?

【YouTube】ワクチン全般(新型コロナ含む)に関する誤情報コンテンツの投稿を禁止と発表。いったいどういうこと?

こんにちは。ヨシイナリです。

いきなりですが、YouTubeは2021年9月29日に、
新型コロナウイルスワクチンを含む、ワクチン全般に関する誤った情報が含まれたコンテンツの投稿を禁止する
と発表しました。
ワクチンについての誤った情報に関するポリシー

YouTubeはコロナワクチンについては、すでにポリシーに違反したということで13万本以上の動画を削除したと発表しています。

今回は、反ワクチンコンテンツについて、どういうことなのか、どのような動画が削除されるのか見ていきたいと思います。


1. ワクチン全般に関する誤った情報が含まれたコンテンツの投稿を禁止とは?

元々YouTubeは、世界的に新型コロナウイルスが蔓延した初期の段階から、
新型コロナウイルスに関する誤った情報が含まれたコンテンツの投稿を禁止していました。

そして、新型コロナウイルスワクチンが完成した後も、
そのワクチンに関する誤った情報が含まれたコンテンツの投稿を禁止しています。

同様にその他SNSでも(FacebookやTwitter)、
新型コロナウイルスに関する誤った情報は禁止していますが、

特にYouTubeはそういったSNSでの情報の動画が集まりやすく、
新型コロナワクチンに関するルールに反する13万本以上の動画と、
新型コロナウイルスに関する誤った情報を含む合計100万本以上の動画を削除したと発表していました。

このように新型コロナワクチンに関する誤った情報が大量に横行していることによって、
「新型コロナワクチンに関する誤った主張が、新型コロナ以外のワクチン全般の誤った情報に着実に波及してきている」
ということで、
新型コロナウイルスワクチンを含む、ワクチン全般に関する誤った情報が含まれたコンテンツの投稿を禁止する
ということになったようです。

新型コロナだけではなく、
風疹や、水疱瘡、インフルエンザなど、
各国の保健当局やWHO(世界保健機関)などに安全性と有効性が確認されているワクチンに関する、
根拠のない否定的な内容のコンテンツについても削除対象に含まれるようになったということですね。

スポンサーリンク

2. どのような動画が削除される?

では具体的にどこまでがOKで、どのようなものが削除対象になり得るか、考えていきたいと思います。

例えば、欧米を中心に流布していた、
「ワクチンにマイクロチップが仕込まれていて、それによって接種した人々をコントロールできる」
といった主張や、

「ワクチンを接種するとガンや糖尿病といった慢性的な副作用
(保健当局が認めている一時的かつまれな副作用をのぞく)に見舞われる」

という主張など、

こういった科学的根拠がない「デマ」「嘘」「陰謀論」と言われているようなものは、
おそらく削除対象になっていると考えられます。

逆に、公式に許可されているものは、
・動画に医療専門家の発言が含まれる場合
・ワクチンに関する科学的議論
・接種者個人の体験をシェアするもの
・ワクチンに関する政策、新しいワクチンの臨床試験、歴史的なワクチンの成功または失敗を紹介するコンテンツ


このようなものになります。
もしワクチンに関する動画をお考えなら、
上記の観点で企画を考えてみましょう。

3. なぜ禁止になっているのか考えてみる

Twitterなどでは、
ワクチン全般に関する誤った情報が含まれたコンテンツの投稿禁止の発表について、

「言論の自由の侵害だ」
「何か隠したい情報があるんじゃないか?」

などの発言も見受けられます。

ここからは私個人で調査した結果の考えになりますが、

アメリカでは、7月にバイデン大統領が、
「ワクチンに関する誤情報拡散の責任の一端はソーシャルメディアにあり、対策を強化する必要がある」
と発言をしていました。

このように、社会的責任という観点と、
各国の保健当局やWHO(世界保健機関)などに安全性と有効性が確認されているワクチンに関する誤まった情報の動画に、
広告をつけさせてそれで収益を得ているという観点で、なんらかの訴訟に発展し、
YouTube側が万が一裁判で負けてしまうというリスクを回避するために、
禁止にしているのではないかと推測しています。


このようにYouTubeは、社会情勢に合わせて規約やポリシーが度々変更されます。
YouTubeも営利企業ですので、当然と考えることができます。

ですので動画を企画する際は、
やはり道徳的にギリギリのものを攻めるよりは、安全な企画を考えて、
動画を投稿していきましょう。

関連記事



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事