YouTubeのちょっとした裏技!?ブラウザで視聴するメリットとは【バックグラウンド再生】

YouTubeのちょっとした裏技!?ブラウザで視聴するメリットとは【バックグラウンド再生】

こんにちは。ヨシイナリです。

YouTubeをスマホで見るときに、YouTubeアプリを利用して見る方が多いかと思います。

しかし、SafariやChromeなどのwebブラウザでもYouTubeの動画を見ることができます。

しかもブラウザで見ることによって意外なメリットがあります。

今回は、ブラウザで見るYouTubeのメリット
をご紹介いたします。


1. ブラウザでYouTubeを見るメリット

バックグラウンド再生


アプリで視聴した場合は、有料のYouTubePremiumに加入しなければ使えない機能を、
ブラウザで視聴する場合は似たような形で再現可能です。

少し操作が増えますが、バックグラウンド再生できるのであれば利用する価値はあります。

バックグラウンドで再生できることによってYouTubeの音楽やトークを聞きながら、
LINEしたりwebページを見たりすることができますね。

画質の選択肢が多い


アプリ版だと240〜1,080pまでの画質が選択できますが、
ブラウザ版では、144〜1,080pの画質が選択可能です。

一番画質が悪い144pが選べたってしょうがないじゃないか。
と思われるかもしれませんが、実はメリットがあります。

144pを選ぶことにより、データ通信量が抑えられます。

なので、画質が悪くても問題ないような動画を見るときや、
先程のバックグラウンド再生するときなどにメリットがあります。

スマートフォンの契約上、あまり通信量が多くない方にはおすすめですね。

YouTubeアプリ自体の容量分スマートフォンのストレージを節約できる


YouTubeアプリをダウンロードしなくてもいいので、
スマートフォンのストレージを節約できます。

ストレージ容量が少ない端末をお使いの場合は、他のアプリや写真などで容量を使っていて、
すぐにいっぱいになってしまう場合もあるかと思うので、
ダウンロードしなくていい分節約になるでしょう。

また、いつも利用しているGoogleアカウントでログインしていれば、
再生リストやお気に入りなどもちゃんと共有されますので、 心配はありません。

スポンサーリンク

2. ブラウザで見るデメリット

そんないいことばかりでデメリットはあるのでしょうか?

強いていうならば、先程メリットで少しふれた、アプリで視聴するより操作が少し増えるという点です。
操作方法については次項でお伝えします。

他には、YouTubeアプリを使用していれば、好きなYouTuberの更新情報のお知らせが来るという利点があり、
ブラウザだけの場合はそのお知らせが来ることはないのでデメリットと言えるでしょう。

3. ブラウザでYouTubeを見る方法

ではブラウザでYouTubeを見る方法を解説いたします。

iPhoneもAndroidも似たような操作感で可能です。

※利用者の多いSafariとChromeでの解説をします。
その他のブラウザでも似たような操作でできるものが多いと思うのでご参考にしてください。

1).まずは動画のURLを取得し、ページを開く

YouTubeアプリからは「共有」→「コピー」をタップすればURLをコピーできます。

webページに載っているURLからは、そのURLをコピーするか、
URLをロングタップし出現したウインドウの新しいタブで開くを選択しましょう。



コピーしたURLをブラウザに貼り付ける、もしくは新しいタブで開くと、
ブラウザ上のYouTubeの動画の再生ページに移動します。

2).PC版を開く
おそらく開いたページは
スマートフォン用のYouTubeの動画の再生ページになっているかと思います。

このページのPC版を開きます。

方法は、

・Safari
画面左上の部分をタップし、出現したウインドウの「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップ

・Chrome
画面右下の3点マークをタップ→「PC版サイト」をタップ



3). PC版サイトを開き、その後バックグラウンドで再生ができる
・Safari
再生をすると動画が全画面のようになると思うので、左上をタップします。


するとミニプレーヤーが画面右上に移動します。



これでバックグラウンド再生の状態になりました。
ホーム画面に戻っても、他のアプリを開いても再生は途切れません。



ミニプレーヤーが邪魔な場合は、右にスワイプすると右に消えていきます。

・Chrome
PC版サイトで再生をし、一度ホームに戻ります。

再生が止まりますが、気にせずに、

iOS→画面下からスワイプし、コントロールセンターを出して再生を押します。
Android→画面上からスワイプし、コントロールセンターを出して再生を押します。

これでバックグラウンドで再生ができます。


これでスマートフォンでもバックグラウンドで再生しながら色々スマホをいじることができますね。

バックグラウンド再生はYouTube Premiumにも搭載されている機能なので、
今後YouTube側がどうにかしてバックグラウンドで再生できなくなってしまう可能性も否定はできませんが、
(2019年?頃、バックグラウンドで再生できなかった時もありました…) 今のうちにバックグラウンド再生を楽しみましょう。

関連記事



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事