Vlogとブログ、YouTube動画の違いの解説とVlogの作り方
こんにちは。ヨシイナリです。

Vlogという言葉が知られてから久しいですね。

何となく意味は知ってるけど、
ブログと言葉が似てるけどどう違うの?
YouTubeの動画と何が違うの?


と思われている方もまだまだいらっしゃるかと思いますので、今回は
Vlogとブログ、YouTube動画の違いの解説と、Vlogの作り方について解説したいと思います。


1. Vlogとは

Vlogとは造語で、

Video(動画)Blogの二つの単語をあわせてVlogと言っています。

つまり簡単にいうと、ブログの動画バージョンということになります。

個人的に興味のあることや趣味、ルーティンなどを文章として書いているものをブログと言うなら、
それを動画化してネット上に共有しているものをVlogと言います。

また、ブログを書いている方をブロガーと言ったりしますが、
Vlog投稿者のことをVlogger(ブイロガー)と呼んだりします。

2. Vlogとブログ、YouTube動画との違い、考え方

ブログとの違いは前述した文章なのか動画なのかと言う点ですが、
では YouTuberなどの動画とは何が違うのでしょうか。

結局はVlogもYouTubeに投稿している方が多いですし、
学術的な定義があるわけではないので、はっきりとは区別できませんが、
ここでは一般論としての違いを解説したいと思います。

YouTuberの動画


・テレビのバラエティ番組などのようなテレビ的な企画をした動画。
(やってみた、ドッキリ系など)

・上記とは逆にビジネスなどの動画。
(自己啓発や考え方、ノウハウ、仕事の効率化などの解説)

・編集が凝っている。
(テロップやエフェクトなどを多用)


このようなものが代表的な特徴になります。
テレビのバラエティのようなエンターテイメントに特化している、
もしくはビジネスに特化しているものがYouTuberの動画の特徴と言えるでしょう。

Vlog


・自然体で撮影した普段の生活など日常を録画したもの。

・自分主体の日記のような雰囲気のもの。
(何でもない日常や、その日の出来事、旅行、文化体験など)

・メイク動画など、日常生活のもの。
(メイクやグルメなど)

・編集は過度に凝っていない。
(テロップはなし、もしくは一部のみ、エフェクトなどはほぼ使用しないことが多い。)


このようなものが代表的な特徴になります。
YouTuberのようなエンタメというよりは、
自分目線での、日常生活や出来事、体験を映像化したシンプルな編集の動画が特徴です。

Viogの定義というものは人それぞれですので、 これが絶対というわけではないですが、一般的な傾向としてはこのような違いがあると言えると思います。
スポンサーリンク

3. Vlogの作り方

では上記を踏まえた上で、Vlogの作り方の流れを解説いたします。

3-1.テーマを決める


まずはテーマを決めましょう。

例えば、
料理が好きな人であれば、料理の練習や、1日ごとの料理の模様をお送りしたり、
旅行好きな人であれば、各旅行先での模様などをお送りしたり、
メイクが好きな人であれば、毎日のメイクの練習やメイクのパターンなどを日ごとにお送りする。

など、テーマをかんがえましょう。

またVlogは日記という考え方もあるので、時系列を追って楽しめるようなものにするのもいいかもしれません。

3-2.撮影する


テーマが決まったら撮影をしましょう。

撮影に関しては、Vlog用のビデオカメラなども売っていますが、
最初はスマホのデフォルトのカメラアプリでも問題はありません。
ちょっとこだわりたい方は、撮影アプリのsnowというアプリがおすすめです。

あらかじめ簡単な加工している撮影ができるので、おしゃれな雰囲気を出したい方は一度触ってみてください。

snow(iOS)
snow(Android)
※snowで撮影するとロゴが出てしまいますが、設定で消すこともできます。

3-3.編集する


撮影をしたら余分な部分を消したり、テロップなど簡単な編集をおこないましょう。

スマホで編集する場合のおすすめのアプリは以下です。

・Premiere Rush
Adobeの動画編集ソフトです。
スマホ版であれば基本無料でインストール可能で、 Vlogのような簡単な編集に向いています。

・iMovie
iPhoneを使用している方用。こちらも基本無料で簡単な編集に向いています。

・VLLO
無料のスマホ用動画編集アプリです。(有料版もあり)

無料動画編集アプリは、動画を書き出した時にロゴがついていて消せないものが多々ありますが、
これらは全てロゴが出ないのでおすすめです。

上記アプリについては他の記事で紹介していますので、
ご参考くだされば幸いです。




3-4.共有(公開)する


動画が完成したら共有(公開)をしましょう。
共有(公開)しなければVlogではなくホームビデオになってしまいます。

Vlogがよく投稿されているのは、YouTubeInstagramが多いです。
この二つはVlogが日記的(ネット上に記録を残していく)という観点で考えると非常にマッチしています。

3-5.Vlog作成の注意点


・個人情報に注意
将来的にビジネスにつなげたいために、顔や名前、もしくは両方を出したい方は出しても良いですが、
Vlogは顔や名前は出したくない方は出さなくても問題はありません。

名前はハンドルネームを使えばいいですし、顔も、料理などのテーマであれば顔を写す必要はありません。
情報管理は徹底しましょう。

また、住所がバレてしまうリスクもあるので、自宅やその付近で撮影する場合は注意しましょう。
特徴的な建物、看板などが写っている場合は特に気をつけましょう。
最近では、マンホールの柄で地域を割り出す人もいます。

・著作権や肖像権に注意
編集の際にBGMをつけたい場合もあるかと思いますが、
使用する場合は、著作権フリーのものを使用するようにしましょう。

当サイトでも著作権フリーのBGMなどのサウンド素材を公開していますので、ご視聴ください。


また、他人の顔を許可なく撮影してweb上で公開するのは肖像権侵害に当たる可能性もありますので、
カットするなどした方が安全です。

3-6.Vlogを収益化したい場合


収益化したい場合の方法をいくつかご紹介します。

・広告収入
YouTubeであれば、
チャンネル登録者数1,000人以上、1年間の総再生時間が4,000時間以上
という条件が達成できれば動画内に広告を貼ることによって広告収入を得ることができます。

・アフィリエイト
動画内などに商品のリンクを貼ってその商品を視聴者が購入した場合、
成果報酬を得ることができます。
料理やメイクの動画であればそれに関連した商品のリンクを貼ります。

有名なところでは、
Amazonアソシエイト
A8.net
もしもアフィリエイト

があります。

・インフルエンサー
企業からタイアップ案件を受け、その動画を公開し、企業から報酬を受け取ります。
依頼が来るか、もしくはご自身で営業するか、インフルエンサーマッチングサービスを利用するという手もあります。

・コミュニティやメンバーシップ
コミュニティやメンバーシップなどを開設し、ファンに入会してもらうという制度です。

ただし、収益化に関してはファンの数や視聴者が多くないと難しいので、
好きなことをやってたら自然とファンが増えたという場合もなくはないですが、
ターゲットやブランディングなどの戦略をきちんと立てていかないと難しいでしょう。


Vlogは共通の趣味を持っている方と繋がれる機会も増える可能性があるので、
例え収益が目的ではなくとも、楽しみはたくさんあると思います。

お時間がある方は一度Vlogをやってみてはいかがでしょうか?

関連記事



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事