【YouTube】ある程度チャンネル登録者数が増えてきた際に見直すべきポイントと施策
ヨシイナリです。

YouTubeで動画を投稿していて、だんだんとチャンネル登録者数が伸びてくると嬉しいですよね。

しかし、
もう少しで登録者1,000人達成しそうでなかなか達成しない。。。
1,000人は達成しているけどもっと登録者数を増やしたい!

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的なチャンネル登録者数を増やす施策については以前に解説しましたが、今回は、

今一度、見直すポイントと施策案

について解説して行きたいと思います。



1. SEOやキーワードの再確認

ある程度再生数や登録者数がある場合は、ある程度の動画のクオリティは達成できている可能性はありますので、
アナリティクスので分析を行い、今一度、SEOやキーワード、タイトルを見直し、露出機会が増えるようにしていきましょう。

動画の内容とタグが乖離しているとユーザーの離脱が早くSEO上位になりづらくなります。

例えばメイク動画でタグを、
「メイク 格安商品」
と設定しているのに内容がメイクテクニックが主になっていたり、

「動画編集 テクニック」
と設定しているのに、内容が便利な動画編集ソフトの紹介の動画だったりすると、
ユーザーの求めているものと違う為、視聴をやめてしまいますよね。

このような設定をもしされていたら、修正をオススメいたします。

また、改めてビッグキーワードを調査してみましょう。

SEOやキーワードについては下記の記事を参考にしていただければ幸いです。

2. 投稿間隔、時間の検討

すでに設定して運営されている方もいるかと思いますが、
投稿日、時間を固定してみると、有効な対策になり得ます。

これは、視聴者の習慣に入り込むということで、いつ投稿されるかユーザーにわかりやすい為チャンネル登録のハードルが下がります。

人気YouTuberと言われる方は毎日投稿しているので、毎日投稿するのがベストではありますが、
なかなか難しい方もいらっしゃるかと思いますので、
例えば毎週1本ペースで投稿している方であれば、

毎週木曜日、夜7時投稿

や、もう少し頑張って

毎週火曜、金曜の夜8時投稿

と決め、それを概要欄に記載して運営していくといった手段も検討してみましょう。

また、お金に余裕のある方は、投稿ペースを上げるために 動画編集を外注するといった施策も検討してみましょう。
そこまで高くはないので、SNSやクラウドソーシングサービスで編集を請け負っている方を見つけて依頼をしてみてもよいでしょう。

スポンサーリンク

3. 広告導入、インフルエンサー登録の検討

お金に余裕のある方は、お金の力を利用し再生数を増やしましょう。
YouYubeに広告費を支払い、自分の動画の広告をYouTubeに出してもらい動画の露出を増やす方法です。

インストリーム広告やディスカバリー広告など形式を選べ、ターゲティングも可能なので一度検討してみるのも手かもしれません。

また、インフルエンサーの募集をしている会社に登録すると、ビジネスマッチングをしてくれます。
その商品に興味を持ってるユーザーからの認知度、再生数も増え、企業から報酬ももらえるので一石二鳥です。
一度検討してみてください。

4. その他、細かい施策

再生リストを作成しそれを公式化シリーズに設定する。

自分の作成した再生リストを「公式シリーズ」として設定すると、自分の動画の「次の動画」「おすすめ」欄にリスト内の動画が表示されやすくなると言われています。

詳しくは以下の記事をご確認ください


動画の冒頭部分を意識する

動画の冒頭1分で視聴者が離れるかどうかが決まるので、無駄な話などしないようにしましょう。

コメントを全て読み、返信をする。

コメント数が多いとなかなか難しいかもしれませんが、ユーザーのコメントに参考になることがありますし、特定のファンを囲うという意味でも、新規視聴者に次の動画をみてもらうハードルを下げるためにも返信はなるべくした方が得策ではあります。


みなさんも日々苦労されているかと思いますが、この記事を参考に登録者数が増えて、生活が豊かになれば嬉しく思います。
以上ヨシイナリでした。

関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事