【Premiere Pro Adobe】 CCライブラリの使い方【作業効率アップ!】

【Premiere Pro Adobe】 CCライブラリの使い方【作業効率アップ!】

こんにちは、オオバサシです。

AdobeソフトでCCライブラリって使っていますか?
AdobeCCのツールに「Creative Cloud Libraries」という機能が付いていてデータの保存や共有にとても便利なんです。
Premiere Proで動画編集する際にもライブラリを上手く活用すれば作業効率が上がります。
今回はAdobeCCライブラリの使い方について紹介します。

この記事を読むと

・CCライブラリの使い方、活用法がわかる
・Premiere Proでのライブラリの活用法がわかる
・ライブラリを使って動画編集の作業効率アップ!


というメリットがあります。


1. CCライブラリとは

CCライブラリとは「Creative Cloud Libraries」の略で、Adobe Creative Cloudのアカウントに素材のデータを保存して、他のAdobeソフトで使ったり、他の人と共有したりできます。

クラウド上にデータが保存してあるので、デスクトップパソコンとノートパソコンとの連携やスマホのAdobeソフトを利用する際にも便利です。

CCライブラリはデスクトップのアプリケーションなら
After Effects
Animate
Adobe Bridge
Dreamweaver
Adobe Fresco
Illustrator
InDesign
Photoshop
Premiere Pro
Adobe XD


で使用できて、

モバイルアプリケーションなら
Comp
Creative Cloud モバイルアプリケーション
Photoshop Fix
Photoshop Mix
Adobe Capture
Adobe Fresco
Illustrator Draw
Photoshop Sketch


と多くのアプリと連携の役に立ちます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事