SNSと連携して登録者数アップのチャンスを広げよう!【YouTube】
こんにちは、ヨシイナリです。

昨今、芸能人YouTubeの参入や、一般の方もYouTubeに投稿することがかなり増えてきていて、
なかなか自分のチャンネルが見つかりづらくなってきているように思います。

そこで今回は、 YouTubeとSNSを連携して、登録者数のアップの可能性を広げる施策について解説していこうと思います。



1. SNSとの連携の役割

冒頭でも述べました通り、投稿者、動画ともに数が増えてきていますので、YouTube上だけですと露出機会を得ることがなかなか難しくなってきております。

そういった時は、SNSを活用し動画を紹介したり、投稿者自身をアピールすることで、再生数や知名度をあげることを考えてみるとよいでしょう。
また、もともとSNS上でのフォロワーが多い場合は、さらに効果に期待できるでしょう。

SNSの効果的な使い方

1)YouTube上でのキャラを保とう
YouTube上でのキャラのままSNSでも立ち回ると、親しみが湧き、興味を持ってくれやすくなる効果があります。
また、逆にYouTube上のキャラとSNS上のキャラが正反対といういわゆるギャップ萌え。。。

間違えた。

ギャップを作るという作戦もありますが、逆効果になる可能性もあるので、その場合は注意深く行ってください。

2)動画の紹介以外の発言もしよう
動画の紹介のみのアカウントにはみなさんに興味を持ってもらうことは難しいです。
宣伝だけのアカウントって面白くないですよね?
プライベートの何気ないつぶやきなどで、人に親しみをもってもらえるようなアカウントにしていきましょう。

3)他のアカウントもフォローしよう。
フォロワーが0だと、やはりお堅いイメージがついてしまいがちなので、できれば他のアカウントもフォローしてください。
好きな芸能人、アーティストや好きなYouTuberなどでいいと思います。

4)交流をしてみよう
インターネット上でのやりとりに慣れている人は、自分のことをある程度気に入ってくれていそうなフォロワーさんと交流を持ってみましょう。
コメント返しや、いいね!をしたりなどで構いません。
視聴者を根付かせることにつながりますし、自分の動画が盛り上がってる印象を受け、さらに人が集まってくれる可能性があります。

5)他のYouTuberにリプライをしてみよう。
これは少し上級者向け?になりますが、他のYouTuberと交流を持ってみるのも1つの手です。
あわよくば紹介やコラボなどしてくれるかもしれません。
自分と視聴者層の近そうなYouTuberが理想です。

2. Twitterとの連携

TwitterはYouTubeと非常に相性がいいです。
有名YouTuberはほとんどの方がやっています。

メリットは
・短い文章で概要が伝わりやすい
・リツイート機能で拡散されやすい
・動画がそのまま再生できる
・コミュニケーションのとりやすさ
・ジャンルに偏りがない

といったところでしょうか。

また、YouTubeで動画を投稿すると自動でTwitterにお知らせを投稿する機能もあります。
設定方法をご紹介します。

1)YouTubeトップページからアカウントメニューへ行く
2)クリエイターツールの横にある歯車のマークのアイコンを選択
3)メニュー一覧から「接続済みアカウント」をクリック
4)Twitterアイコンの欄にある「接続」ボタンを選択
5)複数のメニューが表示されるので、動画のアップロードなど自動投稿したいメニューを選んで保存する
これで、次から動画をアップロードした時に自動でTwitterでお知らせされます。
「動画にメッセージを追加する」メニューを利用して定形文を設定しておき、オリジナルなお知らせができます。

スポンサーリンク

3. Instagramとの連携

通称インスタも、最近利用者もかなり増えていて、勢いのあるSNSと言えるでしょう。

メリット、特徴は、
・若年層、特に女性利用者が多い
・ファッション、化粧品などに強い
・今後さらに利用者が増えて行く可能性がある

という点があげられます。

現状は、Twitterのように自動投稿の連携の機能はありませんので、Twitterほど使い勝手は良くないですが、ジャンルによってはTwitterよりも効果が出ることもあるでしょう。

4. その他SNSとの連携

TikTok

こちらも若者に人気のある、動画投稿コミュニティです。
投稿できる動画は15秒と短いですが、短かいがゆえに、動画視聴のハードルはYouTubeよりは低く感じる視聴者も多いです。
TikTokで興味を持ってくれた方をYouTubeにも流入させていくという施策 も可能です。

Facebook

Facebookをやっている方は上記のSNSもだいたいやっていますので、上記のものと比べると優先順位は下がってしまうかもしれませんが、リアルな繋がりが多いSNS。という特性があるので、ヒントにしてみるとよいかと思います。

その他のSNS

ファッションやゲームなどの専門的なSNSもありますので、そういったチャンネルにしたい方は、各専門的なSNSも視野に入れて検討して見ましょう。


SNSは気軽にコミュニケーションが取りやすく、ともすれば炎上といった危険性もありますが、上手く使えばかなり効果的に知名度をあげることが可能でもあります。

いまいちYouTubeの再生数や登録者数が伸び悩んでいる方は、SNSと連携も視野に入れてみては如何でしょうか?

また、登録者数のアップの可能性を広げる他の施策については、以前にもご紹介しましたので、合わせてご覧いただければ幸いでございます。


関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事