【Premiere Pro】レガシータイトルVSエッセンシャルグラフィックス【徹底比較】【テロップ作成】

【Premiere Pro】レガシータイトルVSエッセンシャルグラフィックス【徹底比較】【テロップ作成】

こんにちは、オオバサシです。

突然ですが、あなたはAdobe Premiere Proを使って動画編集でテロップを作成するときに「レガシータイトル」「エッセンシャルグラフィックス(横書き文字ツール)」のどちらを使いますか?
これについて、私も気になってTwitterでアンケートをしてみたら

レガシータイトル 53.8%
エッセンシャルグラフィック 42.3%
とかなりの接戦!
両方とも強い人気があるということがわかります。


しかし、あなたは「レガシータイトル」と「エッセンシャルグラフィックス」がどう違うか理解していますか?
どちらかしか使ったことないからそっちを使っている人もいるんじゃないでしょうか?

今回は、「レガシータイトル」と「エッセンシャルグラフィックス」の違い、メリット・デメリットについて解説します。

この記事を読むと
・テロップ作成における「レガシータイトル」と「エッセンシャルグラフィック」の違いがわかる
・「レガシータイトル」と「エッセンシャルグラフィック」をうまく使い分けできるようになる
・テロップの表現力があがる
・動画のクオリティがあがる

というメリットがあります。




1、 「レガシータイトル」と「エッセンシャルグラフィックス」どんな違いがあるか

「レガシータイトル」と「エッセンシャルグラフィックス」は同じテロップ作成に使われるツールですが、多くの違いがあります。
大きく分けると「表現力」「使いやすさ」です。
しかし、一言でどっちが表現力があって、どっちが使いやすいかといえない部分があるのでそれぞれについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

2、 レガシータイトルについて

先にレガシータイトルから解説します。

2-1、レガシータイトルのメリット


1)、デザイン面
レガシータイトルのメリットはテロップのデザインが豊富なことです。エッセンシャルグラフィックでは設定できない項目でいうと「ゆがみ」「光沢」「グラデーション」「テクスチャ」などがあり、それぞれに多様な設定項目があるため無限にデザインをカスタマイズできます。
またレガシースタイルは売っている人がいたり、配布している人がいたりするので自分でテロップをデザインしなくてもセンスのあるテロップデザインを手に入れることができます。


※追記:2021年5月に実施されたPremiere Proのアップデートでエッセンシャルグラフィックスにグラデーション機能が追加されました。



2)、使いやすさ
レガシータイトルの使いやすいところはテロップのデザインの流用がしやすいということです。
一度、レイヤースタイルにテロップのデザインを保存してしまえば、手軽にテロップのデザインを切り替えることができます。


エッセンシャルグラフィックもテロップデザインの流用はできるのですが、扱いやすさという面ではレガシータイトルのほうが扱いやすいです。

2-2、レガシータイトルのデメリット


1)、デザイン面

テロップのデザインをカスタマイズできる幅で考えるとレガシータイトルはエッセンシャルグラフィックよりも幅広いといえます。
しかし、デザインを一から作ろうと思うと設定項目が多くて、変更できる数字が多いので面倒くさがりな人からするとやりたくない人が多いと思います。(私もほとんどレガシータイトルでテロップをデザインしたことありません)

また、エッセンシャルグラフィックがデザインや表現力で レガシータイトルに劣っているかというとそうではありません。
これに関しては、エッセンシャルグラフィックの説明のときに詳しくします。

2)、使いにくい点
レガシータイトルはエッセンシャルグラフィックよりも使いにくい点が多いと言わざるを得ません。

いくつか例を出すと
・ワークスペースがごちゃごちゃする
レガシータイトルを使うにはウインドウとして「レガシータイトル」のパネルをだす必要があり、欲を言えば「レガシータイトルスタイル」や「レガシータイトルプロパティ」のパネルも出したくなります。
そうするとワークスペースがごちゃごちゃして、使いにくくなってしまいます。

・コピペ(CTRL+C,⌘+C)やカットによる分割して使えない
これは文字で説明してもわかりにくいので動画で解説します。

このようにエッセンシャルグラフィックスではコピペ(CTRL+C,⌘+C)で作ったテロップは別々の内容が反映されていますが、レガシータイトルではすべて同じ内容のテロップになってしまっています。

これを防ぐためにレガシータイトルはALT+ドラッグでクリップを複製するのですが、 (CTRL+C,⌘+C)によるコピペができないことで、エッセンシャルグラフィックより使いにくいと思う場面が多くあります。

・プロジェクトパネルの中がごちゃごちゃする
レガシータイトルをALT+ドラッグで増やすとその度にプロジェクトパネルの中に項目が増えていきます。
ちゃんと素材をフォルダ分けしておかないと、後で素材を探すときに苦労します。

・動作が重くなる
レガシータイトルパネルを表示させているとpremireのソフトの動作が若干重くなります。
他にも使いやすさの面でエッセンシャルグラフィックスの方が使いやすいと感じる点はあるので、次ページで説明します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事