【PCがなくても作れる!?】スマホ1台で作るYouTube動画!!
こんにちは。カワノタレです。
YouTubeに動画を投稿してみたいけど、パソコンを持っていないというそこのあなた!

スマホでも動画を作ることは不可能ではありません!
今回は、スマホ1台で動画を作る方法を簡単にまとめました。ご覧ください。



目次
1. 撮影
2. 編集
3. 投稿
4. 解析

撮影

昨今のスマートフォンはカメラの性能がいいので、スマホのカメラで撮影しても問題はありません。

※撮影時の注意事項
□屋外
手ブレに注意
環境音が入るので、喋る場合は声を張りましょう

□屋内
なるべく明るくする。
三脚などを使い、スマホの固定

このあたりを意識すると、後の編集が楽になるでしょう。
ちなみに三脚は品揃えにもよりますが、100均でも売っている場合があります。

※ゲーム実況を作る場合

□iPhoneの場合
iOS11以降であれば、画面収録機能が付いているのでそれを利用します。
ただ、顔出しはできません。

□Androidの場合
顔出しない場合は、画面収録アプリを使って画面収録をしましょう。
おすすめは、「AZ スクリーンレコーダー」です。
無料で、広告なし、時間無制限です。(有料版では顔出しで収録も可能)

AZ スクリーンレコーダー

顔出しする場合は、「Google Playゲーム」がおすすめです。
無料で、画面とインカメラで顔を同時に収録してくれます。

Google Playゲーム

編集

動画が用意できたら次にアプリを使って編集をします。優秀な無料アプリがあるので、パソコンがなくても編集ができます。
ただ、無料アプリの中には「ウォーターマーク」という、編集した動画にアプリ名などがうっすらと浮かび続けていて、課金をしないと消せないようなものもあるので、注意しましょう。(エッチなサンプル動画で、画面にずっとsampleと出てくるよくあるあれ。私はよく知りませんけど笑)

おすすめアプリ

VLLO
テキスト挿入など基本的な編集が簡単にでき、ウォーターマークも入らないが、無料版は明るさや彩度を調整できない。
VLLO (iOS版) VLLO (Android版)

Quik
ウォーターマークなし。写真や動画を挿入するだけで自動で編集してくれるが、自分で好きに編集ができない。
Quik (iOS版) Quik (Android版)

Videoshow
テキスト挿入、カット、BGM挿入など基本機能が簡単に使えるが、無料版はウォーターマークが入る。
Videoshow (iOS版) Videoshow (Android版)

iMovie (iOSのみ)
ウォーターマークなしでシンプルな操作性で簡単な編集機能があるが、機能は少なめ。
iMovie

inShot
ウォーターマークがあるが、無料で消せる。テキスト挿入やトリミングなど基本的な編集ができるが、本格的な機能は少なめ。
inShot (iOS版) inShot (Android版)

スポンサーリンク

投稿

動画が完成したら、YouTubeアプリで投稿をしましょう!
アプリ内で編集もできますが、編集は終わっているので特に必要はありません。

解析

「YouTube Studio」というアプリのアナリティクスで、総再生時間や、自分の動画を見に来てくれた方のデータなど詳しい情報が解析されているので、非常に便利です。



以上、簡単でしたが、スマホ1台での動画制作方法を紹介しました。
スマホで作った動画で収益がでて、そのお金でPCを買って、さらにこだわった動画編集ができるようになってと…夢が広がりますね!

当サイト、モブニコミウドンでは、動画制作に役立つBGMや効果音、イラストを無料で配布していますので、ぜひご利用ください。

関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事