【YouTube】通報方法を解説!通報したらどうなる?相手にバレる?
こんにちは。アツタマゴです。

YouTubeは、様々な動画を楽しめる便利なサービスですよね。
見ていて楽しい動画、勉強になる動画など、多数のコンテンツが存在します。

動画のアップロードやコメントは、誰でもできるので、
自分自身もYouTubeに参入して楽しむことが可能です。

そんな、誰でも楽しく利用できるYouTubeですが、近年問題になっていることがあります。

それが、不適切な動画・ユーザー・コメントの存在です。

いかがわしい動画や、誹謗中傷などのコメントが多く存在します。

そのような動画、ユーザー、コメントに対しては、YouTubeへ「違反の報告」
すなわち「通報」をすることができます。

YouTubeへ通報をすれば、該当の動画が削除されたり、
ユーザーのアカウントが停止されたりする可能性があり、
その結果、誰でも安心して動画を楽しむことが出来るようなサービスになりますし、
また、健全な動画で勝負しているクリエイターに対して、価値を毀損しないようなサービスにもなり得ます。

今回の記事では、YouTubeの通報についてや、
不適切な動画を見つけた場合の通報方法を紹介します。

通報したい動画やコメントがあったけど、やり方がわからない、
という方がいましたら、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むと…

YouTubeの通報方法がわかる
通報したら相手にバレてしまうのかどうかがわかる

1. 違反の報告(通報)とは?

前述しましたとおり、
不適切な動画・ユーザー・コメントに対して、YouTubeへ「違反の報告」をすることができます。

時には、適切でない動画や誹謗中傷などのコメントが投稿されたりする場合があります。

次項で解説する「コミュニティガイドライン」を遵守していない動画やコメントを通報することで、
該当の動画やコメントが削除され、YouTubeがより多くの人にとって快適なサービスとなっていくかもしれません。

2. YouTubeにおいての違反動画とはどういうもの?

YouTubeで違反動画となるのは、「コミュニティガイドライン」に反している動画、コメント、ユーザーです。

コミュニティガイドラインとは、YouTubeが決めたルールのようなもので、
下記の5つの項目に該当する動画が違反動画となります。

・スパムと欺瞞行為
・デリケートなコンテンツ
・暴力的または危険なコンテンツ
・規制品
・誤った情報

引用:コミュニティガイドライン:YouTube

他にも、誹謗中傷や、法律違反が含まれる内容も、違反となります。

スポンサーリンク

3. 通報したらどうなる?

通報すると、動画・ユーザー・コメントがコミュニティガイドラインに反していた場合、
通報を受けた動画、コメントの削除やアカウントの停止といった措置がされる可能性があります。

しかし、必ず対応されるとは限りません。

YouTube側がコミュニティガイドラインに反していないと判断した場合は、
削除されない可能性が高いでしょう。

コミュニティガイドラインに反しているかどうかの基準も、明確な指標があるわけではないので、
あくまでYouTube側の裁量の部分が大きいと考えられます。

4. 通報したら相手にバレるの?

通報したら相手に知られてしまうかも。
と思って、怖いと感じる方もいらっしゃるかと思います。

通報した場合、自分の情報はバレてしまうのかどうか、
気になる方は確認しておきましょう。

・通報は匿名?

動画やユーザー、コメントを通報しても相手にはバレません。

通報は匿名で行われるため、誰が通報したかを確認することはできません。

自分の情報が相手や他の方にバレる心配はないので、安心して通報しましょう。

・著作権に関する報告の場合、自分の名前が表示される

著作権侵害に関する通報のことは、「著作権侵害の申し立て」と呼びます。

もしご自身の著作物が不当に動画に使用されていた際は、
「著作権侵害の申し立て」を行うことができます。

しかし、その場合は該当の動画ページに著作者の名前が表示されるため、
相手や他の方に自分の名前が開示されてしまいますので、ご注意ください。

とはいえ、「あれ、この動画、あのアーティストの音楽勝手に使ってない?」
と思って通報しようとしても、
第三者は著作権侵害の申し立てを行うことはできませんのでご注意ください。

著作権侵害の申し立てを行えるのは、あくまで著作者本人のみとなります。

5. 通報方法の解説

それでは、通報の方法を解説いたします。

YouTubeをより良くするため、知っておいた方がいい内容なので、
ぜひご参考ください。

報告をするには、まずはログインをする必要があります。
ログアウトされている場合はログイン、アカウントを持っていない場合はアカウントを作成しましょう。

5-1. 動画を通報する手順

・PC(ブラウザ)

1). 通報したい動画を開きましょう。



2). 画面の右下にある「・・・」をクリックしてください。



3). 「・・・」の横に表示されている「報告」をクリックします。



4). 該当する項目を選んで「次へ」をクリックしましょう。



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

・スマホ(アプリ)

1). 画面右上の設定マークをタップしてください。



2). 画面中央にある「報告」をタップしましょう。



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

5-2. チャンネルを通報する手順

・PC(ブラウザ)

1). ユーザーのチャンネルを開いたら「概要」をクリックします。



2). 矢印が指している旗のマークをクリックしてください。



3). 旗マークの下に表示される項目のなかから「ユーザーを報告」をクリックしましょう。



※あなた自身のチャンネルを作成していない場合、以下の画像が表示されます。



チャンネルを作成していないと、他のチャンネルへの通報ができませんので、
上記の画像右下の「チャンネルを作成」からチャンネルを作成した上で、
もう1度「1)」から通報を行ってください。

4). 問題を選択し「次へ」をクリックしてください。



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

・スマホ(アプリ)

1). 画面右上、矢印が指している項目をタップしましょう。



2). 画面中央「ユーザーを報告」をタップしてください。



PCの通報の時と同様、
チャンネルを作成していない場合、チャンネルを作成を促す画面になりますので、
チャンネルを作成した上で、もう1度「1)」から通報を行ってください。

3). 該当する項目を選択して「次へ」をタップ



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

5-3. コメントを通報する手順

・PC(ブラウザ)

1). 下記画像のように、該当するコメントの右側にある、3つの点をクリックしてください。



2). 3つの点をクリックすると、下に「報告」と表示されるのでクリックしましょう。



3). ガイドラインに反している項目を選んで「報告」をクリックしてください。



上記の手順を終えれば、通報は完了です。

・スマホ(アプリ)

1). 該当のコメントの右に表示されている、3つの点をタップしましょう。



2). 画面下部に「報告」が表示されるので、タップしてください。



3). ガイドラインに反している項目を選んで「報告」をタップしましょう。



上記の手順を終えれば、通報は完了です。

 6. 不適切なコンテンツは積極的に通報しよう

不適切なコンテンツを通報すれば、YouTubeをより良くすることができるかもしれません。

そのためには、一人ひとりの報告が必要なので、
今回の記事を参考に通報をしてみてください。

もちろん、通報しても相手にバレる心配はないので、(著作権侵害の申し立ては除く)
冒頭でも申し上げましたが、多くの方が快適にYouTubeを使えるよう、
また、正しく動画投稿を行っているクリエイターに対して、価値を毀損しないようなサービスになるよう、
万が一、不適切な動画・ユーザー・コメントを見かけたら、積極的に通報してみましょう。

関連記事

【YouTube】通報方法を解説!通報したらどうなる?相手にバレる?

こんにちは。アツタマゴです。

YouTubeは、様々な動画を楽しめる便利なサービスですよね。
見ていて楽しい動画、勉強になる動画など、多数のコンテンツが存在します。

動画のアップロードやコメントは、誰でもできるので、
自分自身もYouTubeに参入して楽しむことが可能です。

そんな、誰でも楽しく利用できるYouTubeですが、近年問題になっていることがあります。

それが、不適切な動画・ユーザー・コメントの存在です。

いかがわしい動画や、誹謗中傷などのコメントが多く存在します。

そのような動画、ユーザー、コメントに対しては、YouTubeへ「違反の報告」
すなわち「通報」をすることができます。

YouTubeへ通報をすれば、該当の動画が削除されたり、
ユーザーのアカウントが停止されたりする可能性があり、
その結果、誰でも安心して動画を楽しむことが出来るようなサービスになりますし、
また、健全な動画で勝負しているクリエイターに対して、価値を毀損しないようなサービスにもなり得ます。

今回の記事では、YouTubeの通報についてや、
不適切な動画を見つけた場合の通報方法を紹介します。

通報したい動画やコメントがあったけど、やり方がわからない、
という方がいましたら、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むと…

YouTubeの通報方法がわかる
通報したら相手にバレてしまうのかどうかがわかる

1. 違反の報告(通報)とは?

前述しましたとおり、
不適切な動画・ユーザー・コメントに対して、YouTubeへ「違反の報告」をすることができます。

時には、適切でない動画や誹謗中傷などのコメントが投稿されたりする場合があります。

次項で解説する「コミュニティガイドライン」を遵守していない動画やコメントを通報することで、
該当の動画やコメントが削除され、YouTubeがより多くの人にとって快適なサービスとなっていくかもしれません。

2. YouTubeにおいての違反動画とはどういうもの?

YouTubeで違反動画となるのは、「コミュニティガイドライン」に反している動画、コメント、ユーザーです。

コミュニティガイドラインとは、YouTubeが決めたルールのようなもので、
下記の5つの項目に該当する動画が違反動画となります。

・スパムと欺瞞行為
・デリケートなコンテンツ
・暴力的または危険なコンテンツ
・規制品
・誤った情報

引用:コミュニティガイドライン:YouTube

他にも、誹謗中傷や、法律違反が含まれる内容も、違反となります。

スポンサーリンク

3. 通報したらどうなる?

通報すると、動画・ユーザー・コメントがコミュニティガイドラインに反していた場合、
通報を受けた動画、コメントの削除やアカウントの停止といった措置がされる可能性があります。

しかし、必ず対応されるとは限りません。

YouTube側がコミュニティガイドラインに反していないと判断した場合は、
削除されない可能性が高いでしょう。

コミュニティガイドラインに反しているかどうかの基準も、明確な指標があるわけではないので、
あくまでYouTube側の裁量の部分が大きいと考えられます。

4. 通報したら相手にバレるの?

通報したら相手に知られてしまうかも。
と思って、怖いと感じる方もいらっしゃるかと思います。

通報した場合、自分の情報はバレてしまうのかどうか、
気になる方は確認しておきましょう。

・通報は匿名?

動画やユーザー、コメントを通報しても相手にはバレません。

通報は匿名で行われるため、誰が通報したかを確認することはできません。

自分の情報が相手や他の方にバレる心配はないので、安心して通報しましょう。

・著作権に関する報告の場合、自分の名前が表示される

著作権侵害に関する通報のことは、「著作権侵害の申し立て」と呼びます。

もしご自身の著作物が不当に動画に使用されていた際は、
「著作権侵害の申し立て」を行うことができます。

しかし、その場合は該当の動画ページに著作者の名前が表示されるため、
相手や他の方に自分の名前が開示されてしまいますので、ご注意ください。

とはいえ、「あれ、この動画、あのアーティストの音楽勝手に使ってない?」
と思って通報しようとしても、
第三者は著作権侵害の申し立てを行うことはできませんのでご注意ください。

著作権侵害の申し立てを行えるのは、あくまで著作者本人のみとなります。

5. 通報方法の解説

それでは、通報の方法を解説いたします。

YouTubeをより良くするため、知っておいた方がいい内容なので、
ぜひご参考ください。

報告をするには、まずはログインをする必要があります。
ログアウトされている場合はログイン、アカウントを持っていない場合はアカウントを作成しましょう。
https://sja85v.mobunikomiudon.com/2021/12/02/youtube-login/

5-1. 動画を通報する手順

・PC(ブラウザ)

1). 通報したい動画を開きましょう。



2). 画面の右下にある「・・・」をクリックしてください。



3). 「・・・」の横に表示されている「報告」をクリックします。



4). 該当する項目を選んで「次へ」をクリックしましょう。



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

・スマホ(アプリ)

1). 画面右上の設定マークをタップしてください。



2). 画面中央にある「報告」をタップしましょう。



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

5-2. チャンネルを通報する手順

・PC(ブラウザ)

1). ユーザーのチャンネルを開いたら「概要」をクリックします。



2). 矢印が指している旗のマークをクリックしてください。



3). 旗マークの下に表示される項目のなかから「ユーザーを報告」をクリックしましょう。



※あなた自身のチャンネルを作成していない場合、以下の画像が表示されます。



チャンネルを作成していないと、他のチャンネルへの通報ができませんので、
上記の画像右下の「チャンネルを作成」からチャンネルを作成した上で、
もう1度「1)」から通報を行ってください。

4). 問題を選択し「次へ」をクリックしてください。



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

・スマホ(アプリ)

1). 画面右上、矢印が指している項目をタップしましょう。



2). 画面中央「ユーザーを報告」をタップしてください。



PCの通報の時と同様、
チャンネルを作成していない場合、チャンネルを作成を促す画面になりますので、
チャンネルを作成した上で、もう1度「1)」から通報を行ってください。

3). 該当する項目を選択して「次へ」をタップ



ここで選んだ項目によって、次の手順が異なりますが、
表示内容をよく読み、必要な内容を入力し通報を行ってください。

上記の手順を終えれば、通報は完了です。

5-3. コメントを通報する手順

・PC(ブラウザ)

1). 下記画像のように、該当するコメントの右側にある、3つの点をクリックしてください。



2). 3つの点をクリックすると、下に「報告」と表示されるのでクリックしましょう。



3). ガイドラインに反している項目を選んで「報告」をクリックしてください。



上記の手順を終えれば、通報は完了です。

・スマホ(アプリ)

1). 該当のコメントの右に表示されている、3つの点をタップしましょう。



2). 画面下部に「報告」が表示されるので、タップしてください。



3). ガイドラインに反している項目を選んで「報告」をタップしましょう。



上記の手順を終えれば、通報は完了です。

 6. 不適切なコンテンツは積極的に通報しよう

不適切なコンテンツを通報すれば、YouTubeをより良くすることができるかもしれません。

そのためには、一人ひとりの報告が必要なので、
今回の記事を参考に通報をしてみてください。

もちろん、通報しても相手にバレる心配はないので、(著作権侵害の申し立ては除く)
冒頭でも申し上げましたが、多くの方が快適にYouTubeを使えるよう、
また、正しく動画投稿を行っているクリエイターに対して、価値を毀損しないようなサービスになるよう、
万が一、不適切な動画・ユーザー・コメントを見かけたら、積極的に通報してみましょう。

関連記事

https://sja85v.mobunikomiudon.com/2021/10/07/youtube-antivaccine/?utm_source=220331youtubetsuho&utm_medium=link&utm_campaign=transition https://sja85v.mobunikomiudon.com/2021/12/02/youtube-login/?utm_source=220331youtubetsuho&utm_medium=link&utm_campaign=transition https://sja85v.mobunikomiudon.com/2021/10/21/youtube-home/?utm_source=220331youtubetsuho&utm_medium=link&utm_campaign=transition
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事