どっちがいいの!?アナログ作画とデジタル作画【イラスト】
こんにちは。カワノタレです。

これから、自分でイラストを作成してTwitterなどのSNSで発表したり、動画に使ったりしたい、という方が一番最初に疑問に思うのが……
アナログ作画とデジタル作画の違いってなに?ではないでしょうか。

今日はそんなあなたにアナログ作画、デジタル作画の違いとメリットデメリットをお伝えしましょう。


1. アナログ作画のイラスト

アナログ作画のイラストとは、もう簡単に言ってしまうと、実際に紙に描いた絵の事です。

わかりやすいですね笑

書く道具は色々あって、鉛筆、パステル、水彩絵の具、油絵具、漫画で使うGペンや丸ペン、カラーインク、エアブラシなど用途と描く人のスタイルで色々あります。
紙も、画用紙、ケント紙、キャンバスなど絵のスタイルや画風で色々ありますね。

もちろん、昔はタブレットやパソコンはないので、全ての絵はアナログだったと言えます。

そして、ほとんどの人が学校や幼稚園で絵を書く授業で絵を描いたことがあるかと思いますが、それもアナログ作画のイラストということになります。
(あれ、そうだよね?…学校はまだタブレットとかで描いてないよね?汗
絵の勉強という意味では、基本となる手法がアナログ作画と言えるでしょう。

2. デジタル作画のイラスト

デジタル作画のイラストとは、パソコンやタブレットなどの機器を使いデータ上で描いた絵の事です。

ネット上や、ソシャゲのキャラのイラストなんかはほとんどがこのデジタル作画のイラストということになると思います。

パソコンやタブレットにインストールしたペイントソフトや画像編集ソフトを使い、マウスや専用のペンなどを使い、ソフト内で絵を描きます。

マウスで描くのは非常に難しいですが、パソコンに接続して描けるペンタブレットというものを使用する方が多いです。

ペンタブレットには種類があり、
パソコンのディスプレイを見ながら手元の盤面に専用のペンを使い描くのが板タブレット(板タブ。液晶はついていません。)
液晶画面付きのタブレットそのものにペンを走らせそのまま描くことができるのが 液晶タブレット(液タブ)
です。

板タブの方が安価ですが、描きやすさをを考えると液タブの方がおすすめです。

また、iPadとAppleペンシル(iPad専用のペン)を使って絵を描く人も増えてきています。
スマホを使って描いている人もいるようです。

液タブのように液晶画面にペンを滑らせて絵を描きます。

デジタル作画は操作を覚えてしまうと描画/塗りの補正などが簡単にでき、とても便利ですので、かなり主流になってきていると言えるかもしれません。

スポンサーリンク

3. それぞれのメリットデメリット

それではそれぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

アナログ作画のメリット


・その場で描いて相手に原画を渡すことができる
紙とペンさえあればその場でささっと描いて渡すことができます。

・量産できるものではないのでプレミア感がある
画家の渾身作品や、子供が描いたお父さんお母さんの絵のようなものは量産できるものではないので、特別な価値があります。

・アナログならではの味がある
好みの問題もありますが、デジタル作画とは違った、アナログならではの味があります。

アナログ作画のデメリット


・修正が難しい
アナログ作画の場合はデジタル作画よりも修正が難しく、描き直しになってしまう場合があります。

・画材を揃える必要と作業スペースが必要
絵のスタイルによって画材を揃える必要性があり、また、広い作業スペースが必要な場合があります。

・量産が難しい、web上にアップする際に面倒
アナログ作画の場合1枚ずつの手描きなので量産が難しいです。
また、web上にアップしたいときにスキャナーを通すという作業があり、一手間かかります。

デジタル作画のメリット


・作業効率がいい
デジタル作画の最大のメリットです。 拡大縮小、コピー、回転・反転、トレースなど自由にでき、塗りつぶしのツール一瞬でベタ塗りができたり、
ミスをした時もすぐに戻せます。
PCとソフトを用意すれば画材を用意する必要もありません。
またソフトに収録されているペンの種類によっていろんな画風の絵が再現できます。

・作品の管理が楽
描いたイラストはデータなのでPCの容量がある限り保存でき、スペースも必要ありません。

デジタル作画のデメリット


・操作方法を覚えないといけない
イラストスキルの上達の前に、操作方法や特殊な効果のあるコマンドなどを覚える必要があります。

・初期費用が高い
PCやペンタブレット等は画材に比べれば高額です。
ただ、電気代や故障した時の金額を除けば、最初以外特別な費用はかからないので長期的に見ればコスパはいいです。

・データが消えてしまう恐れ
万が一PCのデータが消えてしまうことがあります。
バックアップは忘れずに取っておきましょう。

おおよそこんなところですね。

結局どちらがいいのかというと、好みや目指すところにもよりますが、
web上で公開したり動画で使うのであれば、デジタル作画がよいと思います。

4. デジタル作画でいろいろやってみよう

そんなこんなでアナログ作画とデジタル作画の違いについてお伝えしました。
どんな方でも、まずはアナログ作画をきっかけに絵を描いてみるようになるかと思いますが、練習もデジタルでできますので早めにデジタルに移行をされることをおすすめします!



次回はおすすめのペイントソフトや画像編集ソフトをご紹介したいと思います!

関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事