【動画初心者向け!】動画作成の大黒柱!「企画」と「構成」の立て方、考え方
みなさん初めまして、ライターのカワノタレと申します。

さてみなさん、動画を作ってみよう!と思って考えなしに作ってみると、意外と途中でつまづいてしまいます。
例えば…

・思ったほど面白くない…
・考えてたのとなんか違う…
・シーンが足りない!!

などなど、思ってるような出来にならなくて悔やむこともしばしば…

天才の人は考えなしで作っても天才なので面白くなりますが、動画作成の初心者の方は、動画を作る最初の工程に入れて欲しいものがあります。

それが「企画」「構成」です!

これは家でいうと、大黒柱です!これがしっかりしていないといい家は作れません。
なので今回は、「企画」と「構成」の考えについてまとめました。

企画の立て方

まず企画です。
大事なことは3点です

カッコよくいうと
who
what
how

の3点です。
要するに、誰に何をどうやって伝えるか

です。
片思いで例えて見ます。

好きな子に(who)
想いを(what)
率直な言葉で告白する(how)



こんな感じになります。
この3点を意識して企画を考えましょう!

「構成」の考え方

企画がたったら、次は前項のhowの部分について掘り下げて考えていきます。

どのように(how)伝えるかは要するに、ストーリーを考えることです。
物語の構成要素として、基本の考え方として有名なのが、
「起承転結」「序破急」です。
この2つの考え方どちらにも共通しているのが、ストーリーに展開をつけるということです。
すごいざっくりいうと、伝えたいことの導入→展開→まとめです。
これに、オープニングとエンディングを差し込めば、それっぽい動画になってくると思います。

ポイント:「how」部分のストーリーを作る


スポンサーリンク

まとめ

さてこれまでの話を聞いてもイマイチわからないよ!という方もいるかもしれません。
そういう場合は、この「企画」と「構成」、2点のポイントを踏まえながら、人気の動画を見てパク…参考にして見てください!

いろんな動画を参考にして作っていけば、引き出しも自ずと増えていきますし、アイデアも広がっていくと思います。

また、この企画と構成を考えるのが難しければ、箇条書きでも良いので簡単にまとめて見てから作ってもだいぶ違うかと思います。

素晴らしいムービーを作れるよう、頑張りましょう!

関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事